上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンドアートについて
東京電機大学工学部の舛田健太さんからご質問がありましたので、
その一部を掲載いたします。

Q1
砂を貼り付けたが、少し隙間が出来て下地(画用紙など)が見える場合
そこに再度貼り付けて下地が見えないようにするのでしょうか?

A1
そのような場合は再度貼り付けます。
はじめから下地が見えないようにするには、
かなり厚めにボンドを塗ってからサンドを貼り付けると上手くいくと思います。
作品の意図によっては、下地を見せることによって透明感を出すこともあります。
必ず、下地を覆ってしまうという訳ではありません。

Q2
サンドアートを作成するときには下地(画用紙・キャンバスなど)は何を使用するのでしょうか?

A2
主に油絵用のキャンバスを使用しています。
それ以外では、キャンバスボード、板、色紙、段ボールなど、厚めのしっかりした素材です。
木工用ボンドが使用できる素材ならOKです。

Q3
カップ入り10色セットのカラーサンドを購入させて頂いたのですが,
基本的にはこの10色を使用して作成しているのでしょうか?
それとも他の色の砂も使ってサンドアートを描いているのでしょうか?

A3
はい、基本的には基本セットで作成しています。
販売しているカラーサンドは、私が望むサンドアートの絵画に適しています。
なぜなら 
基本色10色揃っていて
細かすぎず
目視可能な大きさの砂粒で
通常、砂は重いが、このカラーサンドはゼオライトという多孔石でキャンバスに貼り付けた時に軽く
色を作るときにカラーサンドはスプーンで量れるので混色時に同じ色を作る事が簡単にできるからです。
カラーサンド基本色で出せない色はないのですが、
作風のニュアンスを出すために自然の砂や他の色を自ら作成することもあります。

今日はここまで。
また掲載いたします。
皆さんもサンドアートについてご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 美術ブログへ
ポチッと応援よろしくお願いします



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚



●ART-Meter 椿Akoのプロフィール
http://www.art-meter.com/profile/?UserID=002201

●サンドアートのHP
http://www2.ocn.ne.jp/~sandart

●カラーサンドのお店 『カップ入り10色セット』好評発売中☆
http://sandart.cart.fc2.com


スポンサーサイト
テーマ:絵画
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。